--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.02

11/30鈴山キナコ先生の講習会体験記

11/30、新宿三越アルコットB3階「ABCクラフト」で
鈴山キナコ先生の「ミニパフェ講習会」がありました。
予約がいらない、飛び込みOKの講座だったこともあり、
友達のジャスミンさんを誘って、行ってきました♪

簡単ではありますが、レポートを書いてみたいと思います。
講座に夢中で、写真がほとんどありません(-o-;)
文字ばかりのレポートですが、ご容赦ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


新宿までの往復は電車を使いました。
電車内で読もうかな、と思って、
キナコ先生の本を2冊かばんに入れておきました。
もし、話しかけられたらサイン頂けないかしら、なんて
淡い期待も持ちつつ…。


新宿駅改札を出たところで、ジャスミンさんと待ち合わせ。
新宿三越まで歩きます。

講習会開始時刻の12:00よりも早い11:30くらいに到着。
しばらく店内をうろうろしているうちに、
座席が埋まり始めたので、
私たちも費用をレジで払ってから
座席について、申込書を書いて待っていました。


待っていると、キナコ先生が大きな荷物を抱えて登場!
準備を進める様子を見ていました。
かばんから、スティックチョコやクッキー、キャンディスティックなどの
カラフルなトッピングが山盛りで出てきたときは
思わず前に乗り出して見てしまいました。
しかも、ほとんどのトッピングがキナコ先生の手作り!
しかし、あまりにもがっついてもているものですから、

「ハルちゃん、ハルちゃん! がっつきすぎだから!落ち着いて!」

…ジャスミンさんにしっかりツッコミを入れられました…
キナコ先生苦笑い。そりゃそうだわ…すみません。
でも、テンションが上がっちゃったんですよ…。


そうこうしているうちに、12:00になったので講習会スタート。
一人ひとりにマット代わりのクリアファイルとつまようじ、
ミニパフェグラスが配られました。
ミニパフェグラスの淵には、すでにグラスビーズがついていて、
キナコ先生が一つ一つ加工してきてくださったそう。

今回の講座は初心者向けのミニパフェ講座。
まず、パジコのデコソース5色の中から、
パフェグラスの底に入れるソースを選びます。
私は、ストロベリー(赤)とブルーベリー(紫)にしました。

そのあと、ホイップクリームをパフェグラスに入れます。
…さっそくデコソースが偏る…。

それからつまようじでソースとホイップを混ぜ合わせて、
かわいい模様を作るのです…が。
なかなか上手に調整ができず…むむむむむ。

グラスにソフトクリームのようにホイップを絞り、
希望者はその上からまたソースをかけられます。
私はマンゴー(黄)とキウイ(黄緑)を選んでかけました。
実は私、デコソースをホイップの上にかけるのが下手で、
自分でやってみて大失敗してから、
デコソースは封印していたんですが、
今回、キナコ先生にコツを教えていただきながら
ソースをかけてみたら…すごい!きれいにできたよ!
そうか、こうやってかければいいのか…。勉強になりました。

さて、ここからは、
お好みのトッピングを好きなだけ盛れるトッピングタイム!

今回の講習会では、トッピングの制限がありませんでした。

キナコ先生お手製のものも含めて、盛り放題!

私も、ジャスミンさんも、ほかの参加者の方々も、
迷いながらトッピングを選んで、飾り付けをしていました。


そして、ついにパフェが完成!

pafe_21

pafe_11

正面から見たときに、すべてのトッピングが見えるように
配置をしてみました。
一つ目のほうは、明るめの色使い、
二つ目のほうは、渋めの色使いを意識してみました。

上からだとグラス内のソースが見えにくいので、
横からも撮影してみました。

pafe_22

pafe_12

ブルーベリーのほうはうまくいったのですが、
イチゴのソースはやっぱり偏っちゃいました…。
前からだとほとんどソースが見えない…(>_<)
でも、自分で作ったのだから、愛着はわきまくりです。


完成後、一人ひとりの作品を
丁寧にキナコ先生が梱包してくださっていました。

私たちの制作も一通り終わって、帰り支度をしているときに、
「そうだ!サイン!」と思い立ち、
キナコ先生に話しかけました。

「キナコ先生、お願いがあるんですが…」と話しかけ、
自分で買った先生の本を持って来たので、
サインを頂けないか、と伺ったところ、
「いいですよ~!」と快く受けていただけました!

頂いたサインが、こちらです!
kinako_sign
本名で書いていただいたので、ぼかしを入れてありますが、
本名の部分もとても可愛く書いていただいたんです。
しかも、2冊とも書いていただいてしまいました…!
とてもうれしかったです!大切にします!


その後、ABCクラフトでお買い物をしたり、
新宿をぶらぶらしたり、IKEAまで足をのばしたり、
一日満喫して、帰宅したのでした。
まだ購入していなかったキナコ先生の本も購入!
kinakobook
後ろ2冊が新しく購入した本です。



本当に充実した一日でした。
キナコ先生、本当にどうもありがとうございました。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


鈴山キナコ先生のHPおよびブログはこちらです。

公式サイト「SUPER☆CUTE」
ブログ「~鈴山キナコの甘すぎる日々~」


以下、独り言です。
「追記を読む」にさせていただきます。
私自身のことを少しだけ書きます。


私がスイーツデコを始めたい!と思ったのは、
今年の1月くらいでした。
スイーツデコに興味を持った私は
本屋でいろいろな本を立ち読みました。
しかし、造形の知識もなく、本当にど素人だった私は、
いろいろな本を読んでもなかなか理解ができませんでした…。

そんなとき、鈴山キナコ先生の本
「スイーツデコリーナ」を見つけました。
立ち読みをしてみて、
「これなら作れるかもしれない!」と思い、
私はその本を買って帰りました。
最低限の道具と粘土を100円ショップで買いそろえて、
初めてアイスクリームが出来上がった時は
とてもうれしかったのを覚えています。

もし、キナコ先生の本を見つけることが出来なかったら、
私は今、スイーツデコをやっていないかもしれないですし、
当然、このブログも立ち上げていなかったと思います。
ブログを通じて出会うことができた方々とも
会うことができなかったと思います。
今でこそ、いろいろな本を読んだり、
ブログを拝見したりして、
情報を集めることもできていますが、
一番最初のきっかけでつまずいていたら
今がなかったかもしれないな、と思います。
こんなに夢中になれる趣味に出会えたことは、
本当に幸せです。


そういう意味で、キナコ先生にはいくら感謝しても足りません。
今回、お礼と感謝の気持ちを伝えることができて、
本当によかったと思っています。

スイーツデコ関係の本は
キナコ先生のもの以外も何冊か持っています。
どの作者様もとてもすばらしい作品を作られていて、
とても尊敬しています。

キナコ先生をすごいな、と思うところは、
一つ一つの手順が詳しく書かれていて、
小さい子でも
「やってみたい!」と思わせる内容の本であることと、
本をすべて購入しても、
情報のダブりが少ないと感じるところです。

いろいろな「作り方や材料を紹介してくださっているので、
「これがだめならこっちでやってみよう」と
いろいろなやり方を試すことができるのが
作り手としてはとてもうれしい。

日常生活にあるものをどんどん取り入れて
作品を作られているのもすごいな、と思うのです。

素材も常に新しいものを模索してくださっているので、
研究熱心なところもすごいな、と思っています。
「本ではこうやってるけど、
 もっとリアルに作るにはどうしたらいいだろう?」
と、自分なりに考えながら制作するきっかけになっています。


今は、スイーツデコに関してもいろいろな本やブログがあって、
私を含め、たくさんの方が情報交換をされています。
いろいろな情報を参考にさせていただきながら、
自分のオリジナルのものを作れるようになりたいな、と
思いながら、スイーツデコやレジンに取り組んでいます。

これからも、いろいろなものを楽しく作っていきたいです。

長い文章を読んでくださって、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://dotsdotsblog.blog91.fc2.com/tb.php/46-f69c32d8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2010.08.11 17:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。