--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.21

ラフスケッチ

1256091675-091010_1830~0100010001.jpg
今回は作品ではないのですが、
私が作品を作るときに書くラフスケッチをお見せします。

作品を作るとき、出来上がった作品をイメージして、
このようにラフスケッチを描くことがあります。

パーツの組み合わせ方や配置を決めたり、
色を決めたりするのに役立ちます。

本と全く同じ物を作るなら、本を見ればいいのですが、
そうでないときは、
A5サイズのスケッチブックに、ガリガリとラフを書きます。
使うのはドクターグリップのシャープペンシルと、無印良品の消しゴム。
ラフが出来たら、コピックというマーカーで色を塗っていきます。
コピックとは、
マンガやイラスト、デザイン画など描くのに使うカラーマーカーです。
昔、絵ばかり描いていた頃に、たくさん買ったのを使っています。

色を塗るのは、だいたいの色のバランスを見たいからです。
パーツを全部作った後に、ちぐはぐになってしまってからでは、
取り返しがつきませんから…。

大体のイメージが出来たら、作品作りを始めます。
ときには、ラフスケッチに無い物が足されたり、
余分だと思った物が省かれたりします。
写真は、キャンドルスタンドのラフスケッチですが、
よく見ると、イチゴの置き方が変わっていたり、
ワッフルやバナナが追加されていたりします。

後は、作品を作った後に、アイデアスケッチとして描いておくこともあります。
絵の具の配合とか、粘土を混ぜる割合とか、
後で同じ作品を作るために記録として残しておくんです。
アイデアに行き詰まった時に見返したりします。
新しく作る予定のもののラフスケッチも描きました。
今、夢中で作ってます。
楽しいなぁ!
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://dotsdotsblog.blog91.fc2.com/tb.php/21-e37200a8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。