--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.14

ホイップクリームに悩む日々

スイーツデコをやっている方に聞いてみたいのが、
「ホイップクリームは何を使っていらっしゃいますか?」
ということです。

How to本などでは、シリコーンが多いですが、
シリコーンにはメリットとともにデメリットも多い気がしています。

シリコーンのメリットとしては、
・水や衝撃に強い。
・ぷにぷにしていて、持ち運びをしてもホイップが崩れない。
・価格が安い。
 (一般的なシリコーンシーリングとコーキングガン使用の場合)

なんてことがあると思いますが、

逆に、デメリットとしては、
・硬化時に有害なガスが出る。
・手や物についた時の処理が面倒。
・固まってしまったり、服についてしまったりすると
 落とせない。
・口金や絞り袋の後始末が面倒。

なんてことが考えられるかと思います。

あとは、個人的に、
シリコーンのつやつや感があまり好きではないのです…。
本物のケーキなどを観察すると、
ホイップクリームはマットな感じがするので、
シリコーンはちょっと違うのかな…?と感じてしまうのです。

そのため、私はモデリングペーストを使用していました。
モデリングペーストは、マットな感じで、
絞った感触も軽く、本物のクリームのようでした。
乾燥する前なら、水で落ちますし、
絞り袋や口金の処理も簡単です。

しかし、角を立てたホイップを絞ると、
カチカチに硬くなってしまうため、
持ち運んでいる最中に角が折れたり、
硬くて危なかったりします。
耐水性もなくはなかったのですが、
やはり、シリコーンにはかないません。

シリコーンに重曹をかけると、
マットな質感になると聞いたのですが、
まだやっていません。

何もしなくても、マットな質感になるシリコーンがあればいいのに…。
と、切実に願う今日この頃です。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://dotsdotsblog.blog91.fc2.com/tb.php/17-64442bb3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんにちは
masumiraiサマのBLOGコメからやって参りました。
私はシリコン派です。
モデナリングペースト使ってみたいけど近くに売ってません(涙)
それに高い(涙)
ストラップ位の物に使うならいいけどあたしの作る作品 クリームたっぷり過ぎて2つの作品でシリコン1本消費しちゃったりします。

有毒ガスは怖いですよね…
でも換気をすれば大丈夫かな?と
まだ他にもデメリットが…
埃がつきやすい
ガラス絵の具やエポキシ接着剤がつかないなど…

重曹使ってますよ!
絞りたての時にたっぷりかけて乾燥後にハケでとり除いてます。
マットな仕上がりになります!
でもハケでいくらとっても手に付着します…
使ってるうちに付かなくなるかもしれないけどオークションでお嫁にいっちゃうのでそこのとこゎわからないんですが
少しでも変色や埃よけになったらと思って使ってます。

長々とコメントしちゃってごめんなさい
Posted by makikomaki at 2009.10.16 12:29 | 編集
シリコンしぼる時の口金は金属じゃなくて白いプラ製のなら乾燥した後簡単にとれますよ!
絞り袋も乾燥後にペリペリと剥れて繰り返し使えます
Posted by makikomaki at 2009.10.16 12:37 | 編集
makikomakiさん
はじめまして!
コメントありがとうございます。
知らないことがたくさんだったので、とても勉強になりました!

シリコーン、やはり安いのが魅力的ですよね。
モデリングペーストはやっぱり高いです(T_T)
質感は最高なんですが…。

あと、シリコーンはやっぱり埃が着きやすいんですね…。
近所のホームセンターにシリコーンのデコ作品が飾ってあったんですが、
見事に埃まみれで汚かったのを覚えています…。
いろいろ調べてはいたのですが、
今日、makikomakiさんのコメントを見て、決心して
コーキングガンとシリコーン、重曹を買ってみました!
変成シリコーンというものです。
絞り心地などまたブログに乗せられるようにしたいです。
また遊びに来て下さると嬉しいです!
Posted by 悠樹ハル at 2009.10.16 17:23 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。